当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!!
スクリーンショット 2017-11-29 16.42.27.png

2016年06月25日

不動産の適正価格を人工知能(AI)で推定する!! 不動産を高く売るためには

スポンサードリンク





先日の日本経済新聞の記事。


unspecified-1.jpeg

「適正価格、AIが推定」
ハウスマート 中古マンションで


中古マンションの適切な価格を
人工知能(AI)で推定する技術を開発した

との事。


私は以前、
新築で購入したマンションを
築後5年目に
査定した事があります。

周辺の新築マンション価格が上昇しており
自分の住んでいるマンションも
資産価値が上がったと思い

その時は
大手不動産仲介会社に
頼みました。

2580万円で購入したマンション。

私の希望は2800万円でしたが、

大手不動産仲介営業マンの査定は
2580万円でした。

自宅まで来られて
渡された書類には
私のマンションの過去の売買事例と
周辺の売買事例が
記されており
買値よりも高く売却された実績がその時は
無かったため
2800万円は実績としてないため
2580万という査定に終わりました。

全く部屋を
見ようともされていませんでした。

そうなんです。

不動産の査定は
過去の売買実績が全てなのです。

その時は、
周辺の新築マンションが
3000万を越えてきており
私のマンションも資産価値は高まっていたのは
事実です。

但し、
私のマンションが
買値よりも高く売れた実績が無かったため
高値で査定してもらえなかったのです。

ただ疑問に思ったの
過去の全ての売買情報を
その営業マンは把握していたのか
という点です。

見落としが無いのか?

今後AI化されて行けば
見落とし無く
本当にリアルな価格が瞬時に
わかりますね。

わざわざ
営業マンを自宅に呼ぶ必要が
なくなるかもしれません。

ネットで検索!!でOKになりそうですね。

そして
一般の方が不動産の適正価格を把握する事で
相場よりも安く売却してしまうリスクを
減らせるかもしれません。


不動産会社の営業マンは
毎月の営業ノルマがあり
より早く売るために
ギリギリ低めで査定したい。

高く査定すると直ぐ売れないし
限りある広告予算を使って
広告をうっても反響が無いと
予算も時間ももったいない。

だから低めに出したい。

※しかし、現在は
物件の販売を任せてもらうために
高い査定を出す業者もあると聞きます。

ですから
安く物件を預かりたいのです。

money_03.jpg

ただ
不動産の相場とは面白いもので

1000万の価値しかない土地を
たまたま1500万で買う人が現れたら
そのあたりの
相場は1500万になってしまうんです。

あそこが
1500万円で売れた!
次も1500万円で売れるかも。。
いやもう少し高くても売れる可能性も。。

という情報が不動産会社を駆け抜けて行くのです。


不動産は同じ物が2つとない。

だから

世の中にはいるんです。

1000万円の価値しかない物件に
1500万円払うから
どうしても欲しいという方が。


AIでも読む事ができない
そんな幸運が!!

例えば
隣の敷地が売りに出たら
借金してでも買え!!

なんて言葉がある通り、

高値でも買う場合があるのです。


なかなか
そんな幸運には出会えないと思いますので

「不動産を高く売りたい」と思うなら
近隣の売買状況を調べ
まず自分の物件の相場を知る事が大事でしょう。

photo_00984.jpg


そして
不動産営業マンは毎月のノルマに追われ
売れそうな物件にしか力を注いでくれ無い事を
充分把握した上で

営業マンは早く売りたい
売主は高く売りたい。

これを叶えるギリギリのラインを探す。


お互いのギリギリを見つける!!

そこですね。


スポンサードリンク


スポンサードリンク






スポンサードリンク





posted by KYOTO1192 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!! スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。