当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!!
スクリーンショット 2017-11-29 16.42.27.png

2016年07月28日

不動産高く売るには? 三井のリハウス

スポンサードリンク





不動産を「高く売る」には
どうしたらいいか?


住友不動産販売に続いては

三井のリハウス。

早速HPで調査。

「おかげさまで30年連続No.1
全国売買仲介取扱件数」


スクリーンショット 2016-07-26 15.28.23.png


こちらにもNo.1の文字が。

2015年度、
全国で37827件の取引
と書いてあります。

ですが
住友不動産販売は
単一企業での売買仲介取扱件数No.1
と書いてありました。

どっちがNo.1 なの???


○担当者全員が「宅地建物取引士」

○店舗数は275店舗 ※H28年1月21日



店舗数に関しては

住友不動産販売は
直営店舗数No.1と書いてありました。(257店舗)

いったい
どちらがNo.1なの???

と思ってしまいますね。。。。



面白いと思ったのは
バーチャルオープンハウス!!

物件を撮影したパノラマ画像や動画を見る事ができ
現地に行かなくても、
外観や室内などの雰囲気を見る事ができるサービス。

スクリーンショット 2016-07-27 23.26.46.png



エンドユーザーにとっては
有り難いサービスですが

不動産会社の営業マンにとっては
ますます客と対面できなくなりそうなサービスですね。



売却に関してのサポートサービスとして

●補修・駆除費用を最大250万円まで三井のリハウスが負担

●土地測量調査サービス

●買取サービス

●売却保証

●住まいクリーンアップサービス

●建物調査

●土地調査


などがあります。


全体的に見て
しっかり作り込んだ
HPになっている印象があります。


一つ一つのサービスを
より具体的に
細かい所まで説明されています。


また
「MyリハウスFile」というサービスは

売却希望物件の他ユーザーの評価や
周辺に売物件が出ればメールで通知

売却価格相場を定期的に知らせてくれるようです。


なかなか
細やかなサービスを展開していますね。

こんな作り込んだHPを見てしまえば
売却を任せてしまいそうになります。

高く売れるかは別として
安心感は抜群に感じてしまいました。



スポンサードリンク




スポンサードリンク






スポンサードリンク





posted by KYOTO1192 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!! スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。