当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!!
スクリーンショット 2017-11-29 16.42.27.png

2016年10月02日

『空き町家 ホテルに改修』長谷ビル 上京で12月で開業

スポンサードリンク






昨日の京都新聞。

『空き町家 ホテルに改修』

長谷ビル 上京で12月で開業


unspecified.jpeg



不動産賃貸の
長谷ビルディンググループ


京町家の空き家を活用したホテル事業に乗り出す。

上京区油小路下立売上ルの隣接した京町家の長屋2棟を取得して
改修を進めており12月1日に開業する。

「京町家ホテル四季十楽」

築約100年の2階建て長屋の2棟を大規模改修して
客室10室。

全客室に2階があり
総投資額は約9億円。


従業員も常駐

平均単価は一室あたり1泊5万円。


・・・・・・・・・・

最近、
京都新聞は
『京町家』記事が本当に多いです。


長谷ビルグループは
オフィスビルの会社だと思っていましたが
すでにホテル運営もしていて
次は京町家ホテル事業。

時代の波に乗っています。


では
どんな立地なのか確認しに現地へ。



夕暮れの
堀川通下立売。

unspecified-4.jpeg


堀川。

unspecified-6.jpeg



油小路下立売。

unspecified-8.jpeg


油小路通の西側に
ありました。

unspecified-7.jpeg


2つの長屋。

unspecified-9.jpeg


その間。

unspecified-11.jpeg


築約100年。

unspecified-12.jpeg


「京町家ホテル四季十楽」公式HPより写真抜粋。

main1.jpg


main4.jpg


main5.jpg


main2.jpg


良い雰囲気です。

京町家に泊まったほうが
思い出に残りそうです。

嵐山や東山、
京都駅前や祗園・河原町のような
観光客向けの『着飾った京都』より

こんな
ひっそりとした上京区の
『日常の京都』に宿泊するのが
今後の主流になって行きそうな気がします。

unspecified-13.jpeg



そのまま
油小路通を北上して行きます。


普段は全く気にも留めないのですが
よくよく
見てみれば
古い町家が所々にあります。


陽が落ちた通りに
浮かび上がる京町家。

unspecified-14.jpeg


unspecified-16.jpeg


unspecified-15.jpeg


『古書と茶房
ことばのはおと』


読書カフェなんでしょうか??

unspecified-17.jpeg



さらに
北上すると


京町家の美容室です。


unspecified-19.jpeg


unspecified-21.jpeg


unspecified-20.jpeg



様々な京町家の活用を見ていると


これまでに
たくさんの
京町家が
取り壊されて
マンションやら駐車場になっていたと思うと
非常にもったいない話ですね。

そのまま
北上すると

京町家ではありませんが


激シブな中華料理店

飛び込みで入るのが
躊躇されるすりガラス。

unspecified-22.jpeg



気になるお店です。



スポンサードリンク





スポンサードリンク







posted by KYOTO1192 at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!! スポンサードリンク