当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!!
スクリーンショット 2017-11-29 16.42.27.png

2017年04月03日

住宅ローン金利 一斉引き上げ!!

スポンサードリンク






昨日の日本経済新聞。

『住宅ローン金利 一斉上げ

メガ銀 マイナス金利前水準に』



unspecified-5.jpg



米金利の上昇もあって
日本の長期金利もマイナス圏を脱して
回復基調にある。

・・・・金利が急上昇するとの予想は少ない。


また
他面には

『住宅ローン金利どう選ぶ?

 全期間固定型が軸、

 返済余力があれば変動も』


unspecified-2.jpg



ただし
将来の金利上昇に備えるなら
全期間固定型が有利

との見方は
多くあります。

unspecified-2.jpg



変動型は適用金利が上昇しても
すぐに毎月の返済額が
増えるとは限りません。

●金利変更から5年間は毎月の返済額を据え置く

●5年毎の見直しの際、前回返済額の125%を上限とする


→あくまでも返済額の増加を先送りするだけです。
 満期をすぎても完済できない見込みなら
 最終返済時に一括で返さなければなりません。
 
 5年ルールを適用しない金融機関もあります。



・・・・・・・確か10年前も・・・・・

同じように

『将来の金利上昇に備えるなら全期間固定型』


と言われていました。

でも変動を選んで正解でした。


金利は
この10年で下がり続けました。


じゃあ
これからの10年は
どうなるのか?


よほど
国民全体の
羽振りが良くなれば別ですが

まず
急激な金利な上昇は
確実にありません。



不安定な
未来に耐えられない方は
ぜひ全期間固定型を
お選び下さい!!




スポンサードリンク
投資詐欺、運用失敗、元金割れ、解約拒否…世の中の危険な投資情報を入手することができれば、投資で失敗する可能性は減ると思いませんか?>>続きを読む

スポンサードリンク





スポンサードリンク






posted by KYOTO1192 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!! スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。