当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!!
スクリーンショット 2017-11-29 16.42.27.png

2017年07月04日

京都の中心ホテル投資活況 路線価上昇!! オフィス不足は深刻!!

スポンサードリンク




スポンサードリンク









本日の京都新聞。


20170704_081707.jpg



『京の中心 ホテル投資活況

 路線価3年連続上昇

 オフィス不足は深刻』



20170704_081721.jpg



京都中心部の地価上昇が
鮮明になった。

中京・下京・東山の3税務署では
最高路線価の上昇率が2割を超えた。

富裕層向けの高級マンションや
訪日観光客の需要を見込んだホテル用地の取得が
活発しているのが背景だ。

一方で
賃貸ビルの供給が不足し、
市内のオフィス空室率は歴史的な水準に低下。
企業は物件探しに苦心している。

『京都市内中心部は現在
 空き室がほとんど無い状態だ』






・・・・・中面記事・・・・・・



『府内税務署 二桁伸び
 最高路線価
 北部 横ばい目立つ』



20170704_081359.jpg



20170704_081401.jpg



最高路線価がプラスだったのは

上昇率から順に

・宇治(29.7%)

・東山(26.2%)

・中京(20.6%)

・下京(20.6%)

・上京(14.3%)

・伏見(5.4%)

・右京(4.0%)

・宮津(2.7%)

・左京(2.6%)

の9税務署。



宇治税務署が上昇したのは2008年以来。

要因について

『地下鉄六地蔵駅近くで
175戸の大型マンションが建設されることから
価格が押し上げられた。
中小型ス―パーの立地も盛んだ」


20170629_103938.jpg



参照:2017年06月30日
『総175邸のツインレジデンスPJ『プレサンスレジェンド 六地蔵』』




・・もう一つ中面記事・・・・・


『「オフィス難民」空室どこ?

 京の中心地価高騰

 賃貸ビルがホテルに』




20170704_081119-1.jpg




京都市中心部の平均空室率は
今年3月時点で
2.45%と
限りなく満室に近い水準である。


建物の高さを規制する
景観政策の影響で
大きな床面積を確保できない
京都の地域事情も
賃貸ビルの供給を停滞させている要因とみられる。

更に景気回復で
拠点の拡張や
新規開設に乗り出す企業が増え
オフィスの需要が拡大。


・・・


写真の現場は

烏丸松原のユニホーの現場です。


20170704_100726.jpg


20170704_100723.jpg



株式会社ユニホー

五条烏丸ホテル計画。

20170704_100824.jpg


20170704_100833.jpg


ホテルは

京王電鉄が、
宿泊特化型アッパーミドルホテル
「京王 プレリアホテル」の1号店を
2018年秋に開業させる。
客室数は305室。




また
御池通油小路通には
オフィスビルを
カプセルホテルにコンバージョンした

『カプセルリゾート京都スクエア』
があります。

20170704_102047.jpg


20170704_102528.jpg


20170704_102557.jpg



スタンダード3500円から

20170704_102545.jpg



オフィスビルの名残、

『京都白水ビル』
とあります。

20170704_102537.jpg



このオフォスビルが
カプセルホテルに変わると聞いた時は

御池通にカプセルホテルなんてありえない!!
と驚きました。


時代は変わるですね。


リーマンショックの頃は
烏丸通のオフィスビルは
ガラガラで閑古鳥がないていました。。。

が、状況は一変したようです。




スポンサードリンク








スポンサードリンク








スポンサードリンク








【不動産の最新記事】
posted by KYOTO1192 at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!! スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。