当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!!
スクリーンショット 2017-11-29 16.42.27.png

2017年07月21日

関西マンション 建て替え商機・築40年以上、10年後3倍

スポンサードリンク




スポンサードリンク









日本経済新聞記事。


『関西マンション 建て替え商機

 築40年以上、10年後3倍』



建て替えマンション.jpg



マンション大手が
関西で老朽化物件の建て替え事業に
商機を見いだそうとしている。
長谷工コーポレーションなどに続き
大和ハウス工業が参入した。

関西2府4県の築40年以上の物件は
今後10年で3倍強に増える。


京都市は
2011年度、
2019年度までに築30年以上となる
市内の分譲マンション約660棟を対象にした調査を実施。
目視による建物の点検などで老朽化の著しかった47棟を
『要支援マンション』に指定した。


・・・・・・・果たして

京都で建て替えは可能なのか。


京都においては


新景観政策が導入された2007年9月以前に建築され、
現行の高さ規制を超過する「不適格マンション」は
約650棟ある。



田の字地区では
新景観政策以前の
11階建てのマンションが
建て替えると
5階建てになる物件もあるのです。


マンションの老朽化と
建て替え問題。



四面楚歌の状況は
避けて通れないと思われますが

こんな話しもあります。

一つの光明か。

参照
「マンション価値は上がる 築41年でも時価は新築時の6割増し』



スポンサードリンク








スポンサードリンク








スポンサードリンク







【不動産の最新記事】
posted by KYOTO1192 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!! スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。