当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!!
スクリーンショット 2017-11-29 16.42.27.png

2017年10月04日

『新築分譲マンション』バブル期以来の高水準!!

スポンサードリンク






スポンサードリンク




スポンサードリンク

誰も知らない 京都不動産投資の魅力

新品価格
¥1,000から
(2017/9/9 21:44時点)






日本経済新聞の記事。

『新築マンション高値一層

 バブル期以来の水準、

 共働き増加で』



『都心・駅近く 資産性決め手』



20171004_223734.jpg



都心部を中心に
新築マンションの高値が続いている。


2017年上半期の
首都圏の平均価格は

5884万円と
バブル経済末期の1991年以来の
高値となり
足元でも高価格で推移する。


三井不動産レジデンシャルと
丸紅が手がける
58階建てのタワーマンション
『ザ・タワー横浜北仲』

床面積200uで
約8億円での販売を予定する住戸もある。


「発売戸数は低迷」

最近は通勤に不便な郊外物件の苦戦が目立っており
全国的に不動産価格の上昇が
顕著だったバブル期とは様相が異なる。


それでも
新築マンションが高値を維持しているのは
生活スタイルや働き方の変化が背景にある。


共働きの増加で
高額な物件を買えるだけの
資金的な余力がある世帯が増えている


女性の社会進出の拡大で
妻の年収が上昇している。

仕事と子育てに追われているケースも多く

『交通利便性が高いうえ
震災などいざという時に
歩いて帰れる場所にある
都心の高級マンションへのニーズが高い』


駅から近い物件は
資産性が高く
中古になっても価格が落ちにくい。



購入者の意識も変化している。

最近は永住せずに
将来の売却を視界に入れる人が増え

「利便性が高い新築マンションを
 高価格で販売できる環境」
にある。

昨年都内で分譲された
駅から徒歩3分以内の物件の平均価格は
5年前に比べ5割高く
上昇率は全体の平均を大きく上回っている。

もっとも
東京都都心部の一部では
あまりの高値に需要が追いつかなくなり
1年前より価格を下げて分譲を始める
新築マンションも出てきている。

・・・・・・・・


ここ京都はどうか。



京都バブルの始まりは
2014年11月販売開始した
京都初の
野村不動産の
「プラウド京都麩屋町御池」
でした。

それでも
坪単価370万でした。


unspecified-10-e7fe4.jpeg






2015年12月の発売時点で
西日本最高額の7億4900万円の
鴨川沿いのマンション。
専面287.23u(86.88坪)

坪862万円!!

「ザ・パークハウス京都鴨川御所東」


unspecified-4-8e54d.jpg



unspecified-6-a8b80.jpg



unspecified-7-1a378.jpg



unspecified-17-6bc1d.jpg




そして
世界遺産下鴨神社のマンション。

『J.グラン・ジオナー下鴨糺の杜』

20170604_084037.jpg


20170604_084307.jpg




もう地元の人を
相手にしていません。

狙うは東京・海外の富裕層といった状況に
なってきています。


そして
これまではまだ割安だった
山科・伏見の物件でも
4000万円台を軽く越えてきています


先日も
地元の不動産広告に掲載されていた

『ジ・アーバネックス京都四条烏丸テラス』

1億6500万円!!

専面111.62u(33.76坪)


坪488万円!!

E382B9E382AFE383AAE383BCE383B3E382B7E383A7E38383E38388202017-09-232011.07.11.png



20170920_151933.jpg




中古マンションも
新築に引っ張られ
かなり高い価格で販売されています。

ただ
中心部の
新築分譲マンション用地が
ほぼホテル計画になっており

中心部においては
新築分譲マンションの数が
今後圧倒的に
減少して行きそうな気配がしています。

ですので
京都バブルが弾けても
大幅に値引きする
新築分譲マンションが無いという
状況になりそうです。


モノがないため
価格が下がらない、
たとえ高くても
世界の金持ちが買ってくれるという

オーナーにとっては
有り難い状況に
なっていくのではないでしょうか。。


庶民には住みづらい街「京都」に
なって行くでしょう。。。(嗚呼)


スポンサードリンク






スポンサードリンク








スポンサードリンク


【新築分譲マンションの最新記事】
posted by KYOTO1192 at 23:46 | Comment(0) | 新築分譲マンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

当ブログ 『京都不動産&新築マンション&ホテル&ビジネスノート』は 2019年11月19日に引っ越ししました。 新サイトは 『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』です!! スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。